スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙

[広告] VPS


「社会性と幼児教育」

人間は自分たちの事を人間と呼びます。
これは本来、〈人間(じんかん)〉と読んでいた言葉だと聞いた事があります。つまり、人間は単なるヒトという動物ではなくて、ヒトとヒトの間にその本質を持つものだという事です。ヒトとヒトの間に人間があるという事は、人間性は人間関係の中にのみ存在するという事でしょう。社会的に存在しえて初めて人間なのです。自然の中でのみ生きているのではない、非自然的な生物でもあるという事です。

ところで、保育や幼児教育における社会性という言葉は、社会の中で他人との間に有効な人間関係をつくり、他人と一緒に楽しい生活をしていく事ができる特徴を意味しています。そして、この社会性は3歳頃から8歳ぐらいの間に学習されると言われています。社会性は、大人たちからの働きかけと、子供が親や大人たちを行動観察して学習する事と、子供同士の付き合いから育成されていきます。このように社会性の成立過程をみると、親の言動が子供の社会性の内容を決定する事は疑いようのない事です。親は「何故このような子供になったのだろう」という言葉をつぶやくことは許されないのです。

自分がどうしたいのかだけではなく、相手がどうしたいかだけでもなく、双方のためにはどのようにするのがよいかを考え、双方のために良いことを創造するのが人間関係の中で行動する時の基本です。「他人と仲良くする事は良い事だ」とか「他人と仲良くしよう」とかの心構えではなく、他人と仲良くできる能力が必要なのです。その能力の事を社会性と言います。自己中心的にしか感じられない、考えられない、行動できないヒトは、つまり社会性のないヒトは人間と呼ぶに値しません。いろいろな不幸な事件がおこっています。犯人たちの言動を考えてみる時、彼らの言葉の自己中心性に驚かされます。彼らの言葉はいわゆる一人称です。言葉が一人称でしか使えないのです。だから、心も性格も行動も知性
も一人称レベルなのです。  

他人に迷惑をかけないようにするだけでなく、皆が幸せになるように自らが積極的に思考し行動するのが人間として誰もが持たなければならない心(能力)なのではないでしょうか。 
人間関係の中に入っていける事、人間関係を育てられる事、人間関係をリードできるようになる事が人間としては必要なのです。

人間が、ヒトと生まれて、自らを人間に育てていくという事は、人間性・社会性・問題解決力を育てていく事です。 
そして〈三つ子の魂百まで〉の例えどおり、人間性・社会性が3歳~8歳の頃に基礎を作り上げてしまうという事実をみる時、幼児教育の内容に人間性・社会性の育成を目標として入れる事は当然な事と言えます。 
人間性・社会性は能力であり心でもあるわけですから、どのレベルの人間に育つかに幼児教育が多大な影響を及ぼす事となるのです。

ピグマリオンでは何十種類という教具・教材をご用意しております。
そのほんの一部をこのブログでは動画で紹介しております。
ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

これからの幼児教育に必要なもの

下の動画は4~5歳を対象としたカリュキュラムの一つ(風向き)です。

[広告] VPS


「これからの幼児教育に必要なもの」
 長年、幼児教育に携わってきた中で感じていることは、日本の子供たちの学力と人間性が低下の一途をたどっているということです。これは教育業界に携わる我々の責任だと考えています。教師の質が低下しているということもその要因の一つだと思いますが、まずはわれわれ教育者が力を合わせてこの状況を変えていかないといけません。そのためには、目の前の子供たちが自分の力で能力をクリエイト(創造)していくことをお手伝いしていくことが大人であり、保護者であり、教師であるということを認識しておくべきだと思います。そして意識的に環境を整えてあげれば子供たちは自らクリエイトしていきます。能力は最初からあるものではありません。創るものです。 教育現場を見渡して行くと、教えることができるという誤解がいまだに残っているように思います。例えば、暗記をさせる時はどんな時かを思い出してみてください。
子供にどう説明しても分からないときに「とにかく覚えておきなさい」という暗記をさせていないでしょうか。その結果、自ら考えることや理解することを放棄しても、とりあえず合格点を取るという勉強の習慣が身に付き、自ら考えない人材を輩出しているように感じます。見えない未来を生きる今の子供たちには問題解決能力などを育て 、自律(自立 )した 人材を育成する必要があります。 我々が提供しているピグマリオン学育は、その思いを集約したメソッドとも言えます。
 人類が知性を獲得してきた順番通りに刺激を与えることで、指先能力、空間能力、図形能力、数論理能力を創り上げ、言語の〝中身〟を育て 、社会性 ・ 人間性の成長へと繋げます。つまり、それは人間の脳の発達段階に応じた、効果的な刺激を与えて、無理なく無駄なく脳を発達させることなのです。人間は反射能力、例えば明暗反射、吸引反射など、生きるのに必要な能力だけを持って生まれてきます。そこから、子どもは反応→対応→能力というように能力を育て上げていくのです。能力を変えないと心は変わりません 。例えば 、一次元的な空間でしか見ない人は、一人称でしか語れない。自己中心的な性格しか持ちません。三次元的な空間把握をできるということは、三人称で「思考」し、他者のことを考えられる能力を持つことにつながるのです。ピグマリオンでは以前から小6から中3までの全教科を学ばせる方法・体制・教師をどのように確立していくかを考えてきましたが、ついにその方法が出来たと思います。また小 6で高3までの全教科についての学習も可能となりました。これはピグマリオン学育を習得した灘中や東京大学の生徒などとのミーティングか ら確信したところです。これで確実に週1回のレッスンでも小学校3年生の段階で小学校算数を終えることが可能です。
 能力というのは、与えられた刺激に反応して子ども本人が創っていくものです。だから小・中学受験指導だけでない、その先にある子供達の未来のことを考えなければなりません。子供の人生の中のこの大切な時期に、我々は全力で社会で生きていくのに必要な能力の育成を考えなければならないのです。子供は自分の環境を変えることができません。変えなければいけないのは我々大人です 。教育者です。子供の学力が低下している原因は、間違いなく教育関係者に責任があるのです。 今の小学生が大人になった頃には、70 %以上の職業が変わり、なくなると言われています。そのような社会が到来するときに、我々が子供たちにできることは何なのか?見たこともない未来はそもそも教えることはできないのです。子供たちは自らクリエイトしなくてはいけない。何もないところから始めなければいけない。その認識のもとに、 新しい未来を創る能力づくりのお手伝いをするのが我々の責務だと思っています。

ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

子供たちの創造力育成の為に

(下の動画は4~5歳を対象としたカリュキュラムの一つ(教養カード)です。これを使う事で10までの足し算がしっかり身に付き、素早く処理できるようになります。 )
[広告] VPS


「子供たちの創造力育成の為に」
 幼少期の子供は真っ白なキャンバスに自分で絵を描いているようなものであり、人間は皆世界を自分流にクリエイト(創造)しているのです。正解のない中で正解を自分で創っていこうとする 。ただ子供たちは 、クリエイトする術や方法が稚拙なため、創れるようにしてあげることが教育です。近い将来、今ある職業の70%がなくなる事が予想されていますが、私たち大人はその未来を知りません。知らない我々が子供たちに心構えや未来に必要な能力を教えられるのでしょうか? 答えはノーです。子供たち自身で未来を生きる能力を作らないといけないので す 。そのためには学校教育だけではおぼつかないところがあります。塾こそ頑張らないといけないと思います。 ピグマリオンを見学される親御さんは子供が喜んで勉強に取り組んでいる姿に驚かれます 。年中組の子が、三桁四桁の暗算、親ができないような空間的な問題に取り組んでいる姿に感動されます。しかし、この子たちは特殊な天才ではありません。4人がいたら4人ともピグマリオン学育のカリキュラムをこなせばできるようになります。
 何もない中で、どれだけ創るのか。子供達は教室で何かを創っているのです。その際に、指導者が100を教え、子供が70できたとします。ここで30は身に付かなかったと考えてはいけません。子供は70を創ったわけです。また、この100は指導者が決めたものにしか過ぎません。身につけた70は子供にとっては100% なのです。身に付いていないものに文句を言うのは、知識を上意下達する関係であって、教師と生徒ではなく単なるものの位置関係でしかありません。本当の意味での人間に対する理解と優しさがそこにはないのです。


ピグマリオンは十数年にわたる幼児教育の指導の中で考え学び、そして子供たちからも教えられた経験を通して、ピグマリオンメソッドという教育体系をまとめました。このピグマリオンWEBスクールをお子様の思考力や創造力に育成に是非ともお役立て下さい。
ピグマリオンでは何十種類という教具・教材をご用意しております。
そのほんの一部をこのブログでは動画で紹介しております。
ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



ピグマリオン学習の特徴

ピグマリオンとは、ギリシア神話の主人公なのですが、教育心理学者のローゼンタール教授が、「叱る教育」と「褒める教育」との比較実験を行った際、まわりの期待と 熱意を持った働きかけを受 けることによって、生徒はそれに応える成果を出すという結果を得ました。この現象は「ピグマリオン効果」と名付けられたのですが、「 教 育 とは熱意と愛情の上に立って行うもの」というピグマリオ ン効果への共感からその名を受け継ぎ、「ピグマリオン」と命名しました。

ピグマリオン学育のカリキュラムは、小学3年生で小学6年生までの範囲を終え、小学4年生から6年生の間に、中学生で習う全教科の範囲を終えるようなイメージで行われます。人類が知性を獲得してきた順番に刺激を与えて、独自に編み出した約千冊の教材を用いることで、子供の指先能力から始め、空間能力、図形能力、数論理能力を創り上げ、言語の〝中身〟を創るのが根本にあります。私どもの生徒は、年中、年長で四桁の暗算ができます。 何故か言うと、量として捉えさせるからです。数の教え方、位や数えて教えると、量を量ることができません。人類が知性を獲得した順序から言うと、数を数えるということはおかしいのです。量として捉えるというのは、例えば1を1と覚えるのではなく、1を量で認識するということです。その為には小さな時から認識レベルでトレーニングする必要があります。認識につい て言うと 、例えば目は凸レンズなので本来は 逆さまに見えるはずです。でも、逆さに認識しません。これ は脳がそう見せているのです。 実は生まれてすぐの人間の目は、三次元を捉えること ができません。捉えられる脳にしないといけないのです。ものの捉え方 、三次元的 、幾何学的に捉えるように人間は脳を作っていくのです。この空間能力が思考力の枠を作ります。これをなるべく早くに身につけさせてあげれ ば 、3 、4 歳で空 間を認識できるようになります。それ をカリキュラム化しているのは、おそらく私たちだけだと思います。 思考を身につけるには、訓練が必要で 、図形や空間 、数論理能力を使わないといけません 。そして 、図形 、空間 、数理、思考の結果に言語が作られ、最終的に言語によってその能力を固定化するのです。

ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

セミナー開催のご案内 【7月18日(火)】

 ピグマリオン学育研修所では、阪急学園様と共催で下記フォーラムを開催いたします。俳優杉良太郎氏の提唱で11年前から始まった「アジア国際子ども映画祭」も昨年で10回目を数え、多くの優れた子どもたちの作品が集まってきました。「子どもの心の中に内視鏡を入れよう」という、杉良太郎氏の試みは、ズバリ的中し、これら作品群を見れば子どもが何かを考えや想い、どの方向に進んでいこうとしているのか、その答えが映し出されています。
 つきましては、この優れた作品を参加者皆様にもご覧いただき、会場の皆様がどのように感じ、どう映ったのかなど共有しながら、パネラーの方々と考察して参りたいと思います。
 子どもたちの世界は、私たち大人の世界の「鏡」だと思います。子どもたちの世界を知ってその課題対策を図ると共に、大人も現代社会が抱える様々な問題の解決の一助となればそれはとても素晴らしいのはないでしょうか。

【名称】 -子どもたちの未来のために-『アジア国際子ども映画祭 普及フォーラム』
【主催】 アジア国際子ども映画祭実行委員会、学校法人阪急学園、ピグマリオン学育研究所
【後援】 西宮市教育委員会、読売新聞社 予定
【日時】 平成29年7月18日(火)受付9:30 講演10:00~11:30(1.5h)
【場所】 なでしこホール<なでしこビル8F>
〒663-8204 兵庫県西宮市高松町5番39号 なでしこビル8階TEL:0798-67-5356
【参加費】 無 料 (定員200名) ※定員になり次第締め切らせて頂きます。
【お申込み】 下記様式により、アドレスにメールまたは、FAXにて申し込みください。
(メールアドレス) soromon_siba2299@yahoo.co.jp
(FAX)   078-321-0388
参加希望の方は、住所、氏名、年齢、参加人数、メールアドレス、電話番号を書いて申し込みください。
なお、人数オーバーの際は、お断りのメールまたは電話をさせていただきます。
【応募〆切】 平成29年7月13日(木)必着

【開催趣旨】
俳優杉良太郎氏の提唱で11年前から始まった「アジア国際子ども映画祭」も昨年で10回目を数え、多くの優れた子どもたちの作品が集まってきました。「子どもの心の中に内視鏡を入れよう」という、杉良太郎氏の試みは、ズバリ的中し、これら作品群を見れば子どもが何かを考えや想い、どの方向に進んでいこうとしているのか、その答えが映し出されています。
 つきましては、この優れた作品を参加者皆様にもご覧いただき、会場の皆様がどのように感じ、どう映ったのかなど共有しながら、パネラーの方々と考察して参りたいと思います。
 子どもたちの世界は、私たち大人の世界の「鏡」だと思います。子どもたちの世界を知ってその課題対策を図ると共に、大人も現代社会が抱える様々な問題の解決の一助となればそれはとても素晴らしいのはないでしょうか。

【パネリスト】
ピグマリオン学育研究所所長 伊藤 恭 氏
学校法人阪急学園理事長 松本 善實 氏
国際二宮尊徳思想学会常任理事 中桐 万里子 氏 (二宮尊徳の子孫)
【コーディネーター】
読売新聞阪神支局長 橋本 直人 氏

【フォーラム内容】
  1 アジア国際子ども映画祭優秀作品の上映(30分)
  2 フォーラム(40分)
    上映作品のテーマを題材に上記パネリストと教育対談
  3 演奏会(10分)
    幼稚園児による演奏発表会

【注意点】
  ※公共交通機関でお越しください。なでしこビル地下駐車場は契約駐車場です。
  ※小さなお子様はお膝元でお願いします。
  ※在園保護者様で託児をご希望の方は、終演後速やかに各園にお迎えをお願いします。

皆様のご参加をお待ちしております。

ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村




Pagination

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
136位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。