スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピグマリオンぷちクリニック(第1回)

こんにちは。
スローリーママよ。

今週はたくさんのピグマリオンぷちの
Webスクールモニター募集をありがとうございます。

いよいよ、Webスクールが本格的に始まるに当たって
「ピグマリオンぷちクリニック」を始めたいと思うの。

今回のスクールのモニター募集の中で、
たくさんのお母さんから、子供さんの成長に
関して多くのお電話をいただいたので、
そうしたご質問やお悩みにお答えするコーナーよ。

ピグマリオンぷちの教材を学習していて
ここができない、これがわかっていないなど
気が付かれることがあると思うの。

それが、その子の能力を伸ばすヒントがあるの。
それを見つけて、その子の能力が伸びない欠点を
是正するのが、「ピグマリオンぷちクリニック」よ。

お母さん方のご相談内容を伊藤先生恭先生にお答えを
いただくという方法でこのコーナーを進めていきたいと思います。

お母さんAさん:
「ピグマリオンぷちは、教えてはいけません。
学ばせてください」いわれていますが、どのように学ばせるのですか?

伊藤先生:
これ(どのように学ばせるか)は、
子供の現在の子供の精神状態と
その子も能力を知ることが必要となりますが、
そのためには、その子を
じっくり見守ることが必要です。
相手の精神状態(見守ること)は、子育てに限らず、
あらゆる人間関係の基本的態度といえます。
愛の介在する人間観家には、(見守ること)が
その前提として必ずあります。
なぜなら、(見守ること)は、相手を感じること、
慈しむこと、喜びに通じることだからです。
だから、見守ることによって、
子供の不安や苦痛を解消させる処方箋が見つかるものです。
次に、その子の今の能力を(見守って)ください。
じっくりと見守れば、能力を育てるための処方箋が作れるのです。
教えるのが、いけないのは、見守ることを忘れているからです。
幼児期のころは、人間性の確立期です。
大人の振る舞いが一生を左右する時期です。
見守ることは、愛を発見し、愛を育み、優しい人格を
育てる子育てになくてはならないし所作といえましょう。

すなわち、じっくりとその子に愛を注いで観察し
焦らずゆっくり(スローリー)と時間を与えて考えさせてあげて。
また、お子さんは、お母様の鏡よ。貴方の振る舞いにも注意して。


■□■ブログランキングに登録しています。よろしければクリックお願いいたします。■□■

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


スポンサーサイト

WEBスクールのモニター募集始まる

暑い毎日が続いていますが、
皆さんお変わりなくって。

今日から、
WEBスクールのモニター募集が
いよいよ始まりましたね。

朝から、多くのメールを頂き
ありごとうございます。

事前に申し込みを頂いた方には、
メールでご連絡をさせていただきましたが、
募集要項をよく読んで、
モニター会員の条件に承諾をされた方は、
是非、正式にHPからお申し込み下さいね。

ところで、幼児期の経験がいかに大切か。考えて見ましょう。

図はスキャモンの成長曲線と呼ばれるものです。
ここで注目していただきたいのは青い線で表された『神経型』です。
神経系統は生まれてから5歳ころまでに
80%の成長を遂げ12歳でほぼ100%になっているでしょう。
この12歳になるまでの数年間、
日本で言えば小学校高学年の時期は
別名『生物学的臨界期』とも呼ばれていてね。
頭脳を始めとする神経系の発達の著しい年代で、
さまざまな神経回路が形成されていく
大切な時期なのよ。

また神経系は一度その経路が出来上がるとなかなか消えないの。
経験あるでしょう。いったん自転車に乗れるようになると
何年間も乗らなくても、いつでもスムーズに乗れること。

このような事実からも、この理論は理解できるでしょう。
この時期に、神経回路にさまざまな刺激を与え、
その回路を張り巡らせること、
とても大切なことなのよ。

だからこそ、ピグマリオンぷちは、
幼児期の環境づくりがいかに大事か
常に訴えているよ。


scanm


■□■ブログランキングに登録しています。よろしければクリックお願いいたします。■□■

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

Pagination

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2514位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
282位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。