スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの幼児教育に必要なもの

下の動画は4~5歳を対象としたカリュキュラムの一つ(風向き)です。

[広告] VPS


「これからの幼児教育に必要なもの」
 長年、幼児教育に携わってきた中で感じていることは、日本の子供たちの学力と人間性が低下の一途をたどっているということです。これは教育業界に携わる我々の責任だと考えています。教師の質が低下しているということもその要因の一つだと思いますが、まずはわれわれ教育者が力を合わせてこの状況を変えていかないといけません。そのためには、目の前の子供たちが自分の力で能力をクリエイト(創造)していくことをお手伝いしていくことが大人であり、保護者であり、教師であるということを認識しておくべきだと思います。そして意識的に環境を整えてあげれば子供たちは自らクリエイトしていきます。能力は最初からあるものではありません。創るものです。 教育現場を見渡して行くと、教えることができるという誤解がいまだに残っているように思います。例えば、暗記をさせる時はどんな時かを思い出してみてください。
子供にどう説明しても分からないときに「とにかく覚えておきなさい」という暗記をさせていないでしょうか。その結果、自ら考えることや理解することを放棄しても、とりあえず合格点を取るという勉強の習慣が身に付き、自ら考えない人材を輩出しているように感じます。見えない未来を生きる今の子供たちには問題解決能力などを育て 、自律(自立 )した 人材を育成する必要があります。 我々が提供しているピグマリオン学育は、その思いを集約したメソッドとも言えます。
 人類が知性を獲得してきた順番通りに刺激を与えることで、指先能力、空間能力、図形能力、数論理能力を創り上げ、言語の〝中身〟を育て 、社会性 ・ 人間性の成長へと繋げます。つまり、それは人間の脳の発達段階に応じた、効果的な刺激を与えて、無理なく無駄なく脳を発達させることなのです。人間は反射能力、例えば明暗反射、吸引反射など、生きるのに必要な能力だけを持って生まれてきます。そこから、子どもは反応→対応→能力というように能力を育て上げていくのです。能力を変えないと心は変わりません 。例えば 、一次元的な空間でしか見ない人は、一人称でしか語れない。自己中心的な性格しか持ちません。三次元的な空間把握をできるということは、三人称で「思考」し、他者のことを考えられる能力を持つことにつながるのです。ピグマリオンでは以前から小6から中3までの全教科を学ばせる方法・体制・教師をどのように確立していくかを考えてきましたが、ついにその方法が出来たと思います。また小 6で高3までの全教科についての学習も可能となりました。これはピグマリオン学育を習得した灘中や東京大学の生徒などとのミーティングか ら確信したところです。これで確実に週1回のレッスンでも小学校3年生の段階で小学校算数を終えることが可能です。
 能力というのは、与えられた刺激に反応して子ども本人が創っていくものです。だから小・中学受験指導だけでない、その先にある子供達の未来のことを考えなければなりません。子供の人生の中のこの大切な時期に、我々は全力で社会で生きていくのに必要な能力の育成を考えなければならないのです。子供は自分の環境を変えることができません。変えなければいけないのは我々大人です 。教育者です。子供の学力が低下している原因は、間違いなく教育関係者に責任があるのです。 今の小学生が大人になった頃には、70 %以上の職業が変わり、なくなると言われています。そのような社会が到来するときに、我々が子供たちにできることは何なのか?見たこともない未来はそもそも教えることはできないのです。子供たちは自らクリエイトしなくてはいけない。何もないところから始めなければいけない。その認識のもとに、 新しい未来を創る能力づくりのお手伝いをするのが我々の責務だと思っています。

ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagination

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
232位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。