察るカの育成方法


(幼児教育において、ピグマリオン教育メソッドは暗記などの解答能力を身につけるような考え方ではなく、問題解決能力や創造力を身につける事を目指しています。ピグマリオン教育メソッドや伊藤先生の幼児教育の考え方などを随時掲載致します。)

「察るカの育成方法」

広い視野が獲得できたら、次は関係把握能力の育成です。関係把握能力は思考カ・創造力の前提です。創造力や思考力は覚えるだけの教育方法では育成されません。覚えることに慣れた頭には無縁の存在と言えましょう。全体的に、総合的に、同時にいくつものものを視野に入れて関係の中で考え・解決する豊富な経験が創造的知性を生むのです。関係把握能力、構成把握能力、全体注意力など、問題をはっきりさせるために色々な言葉をつかいますが、つまりは察る力のことです。

ピグマリオンが思考カ・創造力を育成できる教育の秘密は、豊富な図形遊びの中にあります。ピグマリオンでは何十種類という図形遊びの教具・教材が世界中から集められたり、オリジナルで作られたりしています。遊びのパターンは、1万種類を越えるでしょう。1歳児から小学校3年生まで、レッスンの中に必ず図形遊びが組み込まれています。図形遊びによって、指先の調整能力と注意力と構成把握能力が同時に育成されます。
構成把握能力と合成・分解能力を同時に思考訓練させることにより、創造カ・想像カ・思考カ・推理カ・読解力・理解力などが育成されるのです。また図形遊びにより図形認知能力が育成されますが、図形認知能力がないと小4以上の図形の学習についていけなくなります。図形が認知できないので作図ができません。いくら、計算力があったとしても図形になると全然できない生徒は、図形遊びで構成把握能力を育てる必要があります。

ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pygmalionpetit.blog.fc2.com/tb.php/134-f4246234

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
269位
アクセスランキングを見る>>