スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピグマリオンメソッドがマレーシアで爆発の予感

お久しぶりです。長らくブログを休んでいましたが、ぼちぼちブログを再開したいと思います。

といいますのも、昨年、ある方を通じてマレーシアに青年実業家アダムさんとお知り合いになり、私がピグマリオンメソッドの話をすると、是非、我が国にも、ピグマリオンメソッドを取り入れたいとの要請があり、その間、多々行き違い等もありましたが、このたび無事契約を交わし、4月27日から、30日までの4日間、伊藤先生とマレーシアに行ってきたところです。

彼、アダムは、我々と違って、若さと行動力もあり、それに加えて資金力も桁違いでした。
我々は、マレーシアの街の美しく、大きなタワービル群にも驚かせられましたが、彼は、2~3年でマレーシアの主だった主要ブロックに1つづつピグマリオン学校を10校は造る計画だと町中を車で案内しながら説明してくれました。

 その1つは、教育を中心としてテーマパークを作りたいと言っていました。また、彼は、マレーシアの将来のことに言及し、人間は、きっと食料、水、環境等、今は贅沢に使っているが、きっと自分の子供たちの時代には、自然からのしっぺ返しが来ると思う、その時に賢い子供たちが知恵を出し、問題解決してくれるように今後は教育に力を注ぎたいと語ってくれました。

 彼は、まだ30代前半、すでに、レストラン、ホテル、喫茶店など、東南アジアの各国に、30以上を経営している実業家ですが、これからは、僕は教育に力を注ぎたいと熱く語ってくれました。

 これには、伊藤先生も、私も感激してなんと素晴らしい考え方でピグマリオンを普及させていただけるだろうかと、思わず手を出し、握手を求めてしまいました。

 私も色々といろんな方にピグマリオンのことを説明をしますが、ちょっと話すだけでわかっていただける方、丁寧に説明しても馬の耳に念仏という方、色々ですが、通訳を通してちょっと語っただけにも関わらず、アダムさんは飛びついてくれました。

 彼のマレーシアでのピグマリオン普及に幸あれと願うばかりです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pygmalionpetit.blog.fc2.com/tb.php/40-5d34caf5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
127位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。