スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE MAN」に育てる

スローリーママは、昨日、学校法人「芦屋学園」のU事務局長とお話をしました。彼は、四国の八幡浜市出身だそうで、この故郷をなんとか、蘇らせたい、ついては、私にこの町の活性化プランを考えて欲しいとのことでした。実は、スロリーママは、以前はそのような計画づくりや地域イベントを手掛けていたものですから、噂を聞いて依頼されたようです。
八幡浜市という名前は、初めて聞きましたし、どのような場所なのかわかりませんでしたので、二つ返事で「OK」とは、言えないですが、まずは、素案のようなものを作り、それを八幡市長さん始め、市の幹部さんが考えられる材料としましょう。それで市長さんらが面白いから進めてくださいと返事であれば、本格的に計画をだしませんか、と提案しました。すると、U事務局長は、それでいいです。よろしくお願いしますとのことでした。
今後は、その素案づくりに取り掛かるのですが・・・

 このような改革、改良をする場合、もちろん改革プランも重要ではありますが、それを推進する、「人物」、人材が一番重要です。
 八幡浜市の魅力、他市と比べての長所、欠点、市が抱える課題等を調べて整理することも重要なポイントですが、その中心となってプランを推し進める「THE MAN」さがしが最も必要です。

 スローリーママは、たたき台の中にこのことをいの一番に提案しようと考えています。
すなわち、このような人物は、物を考えること、計画を想像し、推進できる能力を持つ人物です。すなわち、人から言われて行動を起こすような人物には、「THE MAN」にはなれません。自ら考え、自ら行動する人物、それは、幼いころからそのような訓練がなされている人物です。

 翻って考えれば、幼いころにピグマリオンメソッドをしっかり体験すれば、そうです。このような「THE MAN」になることが可能なのです。
 この「THE MAN」こそ、これからの不確実な社会の中で、最も必要とされる人物ではないでしょうか?

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pygmalionpetit.blog.fc2.com/tb.php/48-c4ab7ff6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
127位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。