スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピグマリオン学習の特徴

ピグマリオンとは、ギリシア神話の主人公なのですが、教育心理学者のローゼンタール教授が、「叱る教育」と「褒める教育」との比較実験を行った際、まわりの期待と 熱意を持った働きかけを受 けることによって、生徒はそれに応える成果を出すという結果を得ました。この現象は「ピグマリオン効果」と名付けられたのですが、「 教 育 とは熱意と愛情の上に立って行うもの」というピグマリオ ン効果への共感からその名を受け継ぎ、「ピグマリオン」と命名しました。

ピグマリオン学育のカリキュラムは、小学3年生で小学6年生までの範囲を終え、小学4年生から6年生の間に、中学生で習う全教科の範囲を終えるようなイメージで行われます。人類が知性を獲得してきた順番に刺激を与えて、独自に編み出した約千冊の教材を用いることで、子供の指先能力から始め、空間能力、図形能力、数論理能力を創り上げ、言語の〝中身〟を創るのが根本にあります。私どもの生徒は、年中、年長で四桁の暗算ができます。 何故か言うと、量として捉えさせるからです。数の教え方、位や数えて教えると、量を量ることができません。人類が知性を獲得した順序から言うと、数を数えるということはおかしいのです。量として捉えるというのは、例えば1を1と覚えるのではなく、1を量で認識するということです。その為には小さな時から認識レベルでトレーニングする必要があります。認識につい て言うと 、例えば目は凸レンズなので本来は 逆さまに見えるはずです。でも、逆さに認識しません。これ は脳がそう見せているのです。 実は生まれてすぐの人間の目は、三次元を捉えること ができません。捉えられる脳にしないといけないのです。ものの捉え方 、三次元的 、幾何学的に捉えるように人間は脳を作っていくのです。この空間能力が思考力の枠を作ります。これをなるべく早くに身につけさせてあげれ ば 、3 、4 歳で空 間を認識できるようになります。それ をカリキュラム化しているのは、おそらく私たちだけだと思います。 思考を身につけるには、訓練が必要で 、図形や空間 、数論理能力を使わないといけません 。そして 、図形 、空間 、数理、思考の結果に言語が作られ、最終的に言語によってその能力を固定化するのです。

ピグマリオンにご興味ある方は是非ピグマリオンWEBスクールを見て下さい。
下記サイトから無料会員登録をすれば、お子様の年齢に合わせてレッスンを無料体験できます。
お子様と一緒に是非一度、お気軽に体験してみて下さい。⇓
Webスクールバナー

またこちらは保育園・託児所の経営者の方々向けのサイトです。ピグマリオンメソッドを導入したと進学教室の実績を載せております。⇓
経営者の皆様へバナー

■ボタンをクリックして応援して下さい! ブログランキング参加中です!■

幼児教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pygmalionpetit.blog.fc2.com/tb.php/96-248ed5bb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
127位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。